人生最大の「モテキ」!? ~大分パルコ店長時代。
本来「モテキ」とは「異性にモテる時期」のことですが(確かに単身赴任の40代前半の若い店長として、スタッフやテナントの女性店員からはそれなりに関心を持たれましたが)今回の話は大分の様々な分野の方々からいろいろラブコールをいただき、東京にいる時以上に「モテた時期」が大分パルコ店長時代(2004~2006年)でした、という話。

2011年、大分パルコの歴史に幕LDL_01
緊急事態宣言下の浅草・雷門LDL_02
先ずは就任早々、大分市長の肝入りで集められた「市内活性化委員会」(正式名称は忘れました)の分科会に、建築家・青木茂氏、大分大学・姫野由香氏他に混じって私にも白羽の矢が立ち、当時深刻化していた大分市中(特に駅前周辺)の空洞化解消案をまとめて市長に直接提言するという中々ハードルの高いテーマに取り組みました。

駅前の一等地で商売をしているパルコにとっても極めて重要な課題だったので、通常業務は課長に任せて(?)真剣に取り組みました。ある時は府内町の居酒屋で商店街の人達と酒を飲みながら、ある時は市内の交通インフラを一手に担う大分交通(バス・タクシー)の役員の方々に対峙しながら…。分科会メンバーで出した結論は「歩行者天国の実施」という、今思うと長閑な感じもしますが、それ以外に打つ手無しだったのも事実。

そして再三の要望(説得)の末に実現したのは「片側だけのホコ天」という、全国でも類を見ない、極めてトリッキーかつリスキーな開催方法。それでも「やらないよりは…」ということで、パルコ・トキハ・フォーラス等大型商業施設と商店街が手を組んでなんとか実施に漕ぎつけました。

この時の苦労が実を結んでか、(十数年後の)今では両車線開放でホコ天が随時開催されているとのこと。地元の方々に初めて認められたなぁ、と実感したことを今でも思い出します(余談ですが、大分交通との厳しい折衝の後、商店街の一人から『柴田店長、市長選に出馬しないかなぁ』とポツリと言われたことが今でも耳に残っています‼)

次にモテたのは店長3年目(最終年)に天下の「大分合同新聞」からコラムの連載を頼まれたこと。

それまでにも度々大分合同新聞には取材をしていただき、あまりの露出ぶりに本社(副社長)から「目立ち過ぎだ! ちょっとは控えなさい!」と怒られた(実際は褒められた)くらい。連載は隔週夕刊に「温故知新・新~デジカメ日記」という、中々興味をそそられるタイトルでスタートしました。テーマはもちろん自由。大分の隠れグルメの案内から東京からニューヨークまで流行っている(と勝手に感じている)モノ・コトを、読者の興味等お構いなしで書いていました。

でも今読み返してみると、15年前とは思えない時代を先読みした題材のオンパレード(自画自賛でスミマセン)。「CDの紙ジャケットブーム到来」「謎の動物カピバラ大人気」「NYで大流行、男子が外で編み物に夢中(大分パルコでも開催!)」「レトルト食品の進化」等々。担当の方から「読者の評判も上々(出版化の話もちょっと出たくらい…)」と言われて調子に乗ったところで、大分パルコ3年間の勤務終了。それに合わせて連載も終了になりました。でも地元で最も読まれている新聞というメディアに文章を掲載することの楽しさと、責任を身をもって体験することができました。

そして最後のモテキは広瀬勝貞・大分県知事より「かぼす大使」を拝命し、「執行役渋谷パルコ店長」として東京・渋谷に凱旋(?)することができたこと。
あらためて大分パルコ店長時代が、人生最大のモテキだったと思う、今日このごろです。

ちなみに『モテキ』は漫画の原作でドラマ化映画化(主演 森山未來・長澤まさみ他)されています。

大分パルコ店長就任時に掲載された大分合同新聞
LDL_03
かぼす大使就任で頂いた硝子の置物(題字 高山辰雄)LDL_04

 

profile

柴田廣次
しばた・ひろつぐ/1960年、福島県郡山市生まれ。筑波大学第一学群社会学類法律学専攻。
1983年株式会社パルコ入社。本部宣伝・販売促進部として、海外含む新規出店のマーケティング・開店宣伝、渋谷パルコのギャラリー・ミュージアムの企画運営、企業キャンペーン広告企画制作、全店共通プロモーション等を担当。名古屋パルコ店次長兼新館準備室長等を経て、2004年大分パルコ店長として、初めての九州生活スタート。在任中はパルコ店舗の業務以外に、行政や近隣の競合百貨店・ファッションビル等と組んだプロジェクト等を次々と敢行。その功績が認められ(?)3年後、大分県知事より「かぼす大使」を拝命し、渋谷パルコ執行役店長として東京に凱旋。その後、執行役宣伝局長として「福岡パルコ」開店等に携わり、株式会社パルコシティ(現パルコデジタルマーケティング)の代表取締役に就任。2012年に三越伊勢丹ホールディングスに電撃(?)移籍。新設部門であるマーケット開発・新規事業開発部部長として、ニューヨークSOHO地区へのPOP-UPショップ初出店、ブラジル政府と連携した初めての南半球キャンペーン開催、新しい情操教育スクールの開校(伊勢丹新宿店)等を主導。2018年2月に独立し「Long Distance Love 合同会社」を設立。代表社員として、大手アパレルの新規事業開発、デザイン家電メーカー「amadana」のCCOとして、新規商品開発のプロモーションや総合スポーツ企業のブランディング等に携わる。

趣味は音楽と食べ歩き。12年振りに再開したバンド活動ではギターとボーカルを担当。

週末はほぼ地元浅草のB級グルメをハシゴする日々。年に一度は必ず大分を訪れ、河豚を堪能し、夜の都町を徘徊(いまだに「柴田店長」と呼ばれることに喜びを感じています」)。
■Long Distance Love合同会社
東京都台東区花川戸1-13-6 #504
https://longdistancelove.jp

■「TOKYO LAB 2019」@渋谷クラブクアトロ
Long Distance Loveプロデュースイベント
https://youtu.be/_w89k-PK_O0