コロナを無かったことにする方法、教えます
3年振りに大にぎわいを見せていた東京・浅草寺へ初詣に出向いてから約3週間、再び「地獄が呼んでいる」ようです。
そうです。あの「マン防」が舞い降りてきました。
そんなわけで今回の本コラムは「コロナを無かったことにする方法、教えます~How To Pretend CORONA Never Happened!?」にしたいと思います。もちろん「コロナ禍を早く忘れてしまいたい」とか「見て見ぬふりをして過ごす」といった、辛い現実からの逃避を推奨するとか、指南するとかの類ではありません。ただ「with C」とか「post C」とか「after C」とか、結局のところ「C」中心の(翻弄される)ライフスタイルから抜け出して、あらためて自分が本当に好きだったこと、楽しかったこと、やりたいことをもう一度思い起こし、考え直し、突き詰めてみようという思考実験をしてみませんか、という提案です。

前置きが長くなりました。さっそく頭の中から「C」という雑念を追い払って、ここ最近、特に自分が夢中になったと感じる事を思い浮かべてみると、それは「映画」でした。
個人的には、つい最近まで映画の新作・話題作を「映画館に行って観る」、公開数年後または見逃した映画を録画して「TVで観る」、そして「ビデオもしくはDVDを買うか借りるかで観る」、その3択でした。
しかし、あらためて現在の自分の映画視聴環境をおさらいすると、「WOWOW」(月額約2,300円)、「Netflix」(月額980円)、「amazon prime」(会員サービス?)、「ケーブルテレビ」(ほぼ何でも観れて月額数千円with Wi-Fi)がメイン。これに地上波での放送を加えたら…「人生100年時代」にふさわしく、毎日映画を観続けても100年かかるという(笑)劇的な変化に気づいたのでした。
こんな時代だからこそ、映画館という空気を感じながら観たい、かつての名作・迷作や、ほとんど話題にならない(≒配信されていない)マニアックな作品等を観たいという衝動に駆られることが多くなっています。

そんな時に、新たな動きが!
昨年のコラムでも紹介した「下北沢再開発」エリアに誕生したミニシアター「K2」。

新しい下北沢駅ビル(第Ⅱ期開発?)に直結した小さめの商業ビル「(tefu)lounge」1F にカフェやシェアオフィス的な機能を併設した、席数約70のまさにミニシアターが2022年に奇跡のオープンを果たしました。

ちょっと大げさかもしれませんが、昨年は「アップリンク渋谷」が5月に閉館し、今年は開業54年の「岩波ホール」が7月閉館を発表する一方、配信を中心に活況を呈する映画制作業界に比べて、ミニシアターの存在が消滅するのではという状況の中、静かに現れたのが「K2」なのです。

大げさではなく、これは事件です。やはり昨年紹介した「代官山シアターギルド」も世界初の「ヘッドフォンシアター」という武器を携えて開業しました。「映画」というコンテンツを、自宅のソファーで寝転びながら(これはこれで快適ではありますが)、電車の中でもスマホやタブレットで(同じくこれも有効な時間の使い方です)楽しむのもいいですが、やはり映画「館」という空間で、スクリーンと客席を繋ぐ総合芸術&エンターテインメントを、ほどよい緊張と没入感を感じながら過ごす至福の2時間は何ものにも代えられません。
フィルムがデジタルになろうが、4K /8Kの驚愕映像だろうが、3DやVR/ARの未来的映像世界だろうが、予告編の後、本編開始直前の秘かな高揚感は「館」でしか味わえません。

個人的には、私のパルコ時代に足繫く通った「シネマテーク(名古屋)」、そして「シネマ5(大分)」が今も現役であることにホッとしながらも、こうして映画を体験する空間が新たに作られることに、なぜか希望を感じ、感謝の気持ちが湧いてきます。ぜひとも東京のミニシアター巡りを、旅や仕事の合間に加えて下さい‼

最後に、今一番観たい映画は「DISNEY+」で単独配信中のTHE BEATLESドキュメンタリー映画「GET BACK」。さらに月額980円を払うべきか否か…悩みながら、当面はシニア割引(1,200~1,500円)をフル活用して「映画館」通いに励もうと思います。

profile

柴田廣次
しばた・ひろつぐ/1960年、福島県郡山市生まれ。筑波大学卒業後、1983年株式会社パルコ入社。2004年〜2007年には大分パルコ店長を経験。2018年2月に独立し「Long Distance Love 合同会社」を設立。
■Long Distance Love合同会社
https://longdistancelove.jp
■「TOKYO LAB 2019」@渋谷クラブクアトロ
Long Distance Loveプロデュースイベント
https://youtu.be/_w89k-PK_O0
■コラムインコラム
「ホントは教えたくない1冊

 今年から、コラムインコラムでは私の脳内環境(思考回路)を形成・蓄積している知識や情報のネタ本を紹介しようと思います。なのでホントは「教えたくない」というより「知られたら、恥ずかしい」というニュアンスです。
栄えある(?)1冊目はじょうずなワニのつかまえ方≪21世紀版≫。帯に「帰ってきた伝説の面白雑学本」と書いてあるのは、元々は1980年代初め(ちょうど私が株式会社パルコに入社した頃)、晶文社という極めてユニークな出版社から発売されていましたが、経営危機に伴い、いったん廃刊になっていました。しかし、2013年「主婦の友社」から復刊した模様。発売当時とは装丁が大幅に変わり、タイトルにもわざわざ≪21世紀版≫がつけられていますが、中身は当時のまま。とにかく中身は「使えない雑学」のオンパレード! 例えばタイトルにあるように「ワニのつかまえ方に上手も下手もあるのか?」とツッコミながら、ページをめくると「ピラニアの機嫌のとり方」「卵の浮かせ方」「狩猟用ラッパの吹き方」「ファラオ(古代エジプト王)の見分け方」等々、ツッコんでも無駄なくらい面白いノウハウ雑学が満載。一体誰が、何のために、誰向けに、こんなに面白くて、くだらない本を作ったのか⁉どうやらその正体は、ロンドンのデザイナーチーム「ダイヤグラム・グループ」らしい。この本以外にも「英語もわかる絵ときサイエンス雑学1002」(主婦の友社/1989年)等の雑学系や「武器」(マール社/1982 年)といった真面目だけど役に立たなそうな本を出しています。
パルコに入社してすぐ、宣伝・プロモーション系の部署に配属された私にとって、「目の付け所のユニークさ」とか「誰も興味を持たないことに、興味を持つことの大切さ」等を教えてくれた、ちょっと大げさですがバイブルのような本なんです。そしてもう一つこの本の凄さは、載っている「…の方法」のフォントがすべて違っていて、かつページのレイアウトもバラバラなので、ある意味「デザイン見本帳」の機能も持っているんです(こっちは役に立ちます)‼
変わった本好きの方、ぜひ実物手に取ってみて下さい。どハマりするか、即飽きるか、どっちかです。